医療法人創夢会 むさしドリーム眼科
厚生労働省認定 先進医療実施施設
代表電話 TEL./06-6772-6341
インターネット予約
予約専用 24時間自動受付 TEL./06-6772-6340
大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52-203

レーシック・フェイキックIOL

ホーム 診療内容 レーシック・フェイキックIOL

レーシックとは

LASIK(レーシック)とは、エキシマレーザーを使って屈折異常を矯正して視力を回復する手術です。

目に入ってきた光は網膜上で焦点を結びますが、屈折異常の場合は網膜上できちんと焦点が結ばれません。
エキシマレーザーを照射して角膜の中央部を削り、角膜の形状を変えることによって屈折力を変化させ、網膜上に焦点を合わせることで視力が回復します。

アメリカでは毎年130万症例が実施されています。日本においても、2007年までに60万以上の症例が実施されています。メガネ・コンタクトに代わる視力矯正方法として普及しています。

レーシックはこんな方に適しています

・スポーツや職業上、眼鏡やコンタクトが使えない方
・アレルギーやドライアイでコンタクトの装用が難しい方
・屈折異常以外には大きな眼の疾患がない人で、メガネやコンタクトレンズを使えばよく見える方
・左右で近視の度数が大きく違う方

レーシックの適応年齢

●18歳以上で近視や乱視が1年以上進行していない人が目安です。
せっかく手術をしても18歳以下の方はまだ近視が進む事が多く、術後数年で屈折度数が変わるかも知れない為、手術を受けられません。

●40歳以上の方でも手術を受けられますが、老眼や白内障のことを医師と相談の上、手術をするか どうか決めます。

レーシック手術のスケジュール

1
1ヶ月以上前
眼科の一般検査を受けていただきます。
2
1~3週間前
コンタクトレンズの装用を中止
3
前日まで
術前検査とカウンセリング
4

同意書にサイン
5
手術日
手術(手術時間は両眼で20分程度)
6
翌日
術後検査
7

翌日から日常生活を問題なく送ることができます。
8
翌日~1ヶ月後
眼科の一般検査を受けていただきます。
9
定期検査
良好な視力を保つため、 定期検診が必要です。

レーシック手術中の流れ

1
点眼麻酔をします
2
FSレーザーでフラップを作成します
3
フラップを起こします
4
一人ひとりの目に合わせたエキシマレーザーをカスタム照射します
5
フラップを戻します
6
フラップを自然に定着させます

レーシックQ&A

Q. 手術後、視力はどの程度見えるようになりますか?

手術前の目の状態にもよりますが、約90%の方が裸眼視力で1.0以上を得ることができます。

Q. 痛みはありませんか?

点眼麻酔薬を使用するため、手術中の痛みはほとんどありません。
但し、目を大きく開くための器具が眼に触れるため、違和感を感じることがあります。

Q. 失明することはありますか?

トレーニングを受けた眼科専門医が執刀すれば、この手術が直接の原因となって失明につながることはありません。
万が一感染症などの病気にかかった場合、失明につながる可能性はゼロではありませんので、眼科専門医による診察を受けることが大切です。

フェイキックIOLとは?

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは、白内障手術を応用した視力回復手術です。
水晶体をそのまま残し、近視や乱視を治すための眼内レンズを挿入します。

レーシックとの違いは?

角膜の厚さや近視の度数と関係なく手術することができます。レーシックでは適応が非常に限られる-10D以上の最強度近視でも治療が可能です。また、角膜の形状が不正でレーシックが不向きな方にも対応可能です。
その他のメリットとして、手術後に万が一問題が生じた場合でも、レンズを取り出すことで眼の状態を元に戻すことが可能な点が挙げられます。

フェイキックIOL手術の流れ

1.適応検査

フェイキックIOLの度数を決める為の詳しい視力検査・採血をおこないます。検査時間は約1時間です。視力に影響することがありますので、寝不足などないよう体調管理に気をつけてください。
ハードコンタクトレンズご使用の方は検査の3週間以上前、乱視用ソフトレンズの方は1週間前、ソフトコンタクトレンズの方は3日前から装用を中止してください。
検査後、レンズ代金をご入金いただいてから、レンズのオーダーをおこないます。レンズの到着まで約1〜3ヶ月かかります。レンズが届きましたらご連絡をいたします。

2.カウンセリング

フェイキックIOL手術について、カウンセリングさせていただきます。

3.虹彩切開術

眼の中にレンズが入ると、眼の中の水の流れが変わり、場合によっては眼圧が上がることがあります。手術の約2週間ぐらい前までに虹彩に小さな穴を開け、眼内レンズが入っても水の流れを妨げることのないように準備しておきます。レーザーは数分で終わり、ほとんど痛みはありませんが、処置後はしばらくぼんやりします。
当日中はコンタクトレンズは使用しないでください。入浴・洗顔は普段通りで大丈夫です。数日後に来院頂き、虹彩の状態を診察します。

4.手術

手術を受けられる眼は、朝からコンタクトレンズを装用しないでください。手術の開始時間の約1時間半前にご来院いただき、眼のチェックや、目薬の点眼をして準備をしていきます。

フェイキックIOLの手術方法

当院では角膜と虹彩の間にレンズを挿入する「前房型」(OPHTEC社ARTIFLEX)のレンズを採用しております。
1.局所麻酔後、強角膜(白目と黒目の間)を数ミリ切開します。
2.切開した場所からフェイキックIOLを挿入します。
3.フェイキックIOLを虹彩に固定させます。
手術時間は片眼約20分ほどです。痛みはほとんどありません。
手術後は約20分ほどお休みいただき、その後、眼圧測定・診察を行い、問題がなければ、反対側の眼を手術します。

5.その後

定期検診を受けていただきます。受診していただくのは、手術翌日・翌々日・翌々々日・1週間・2週間・1ヶ月・3ヶ月・半年・1年後です。定期検診は手術後の回復の状態を知り、また偶発症の早期発見のためにも非常に大切です。また見え方の急な変化、何か異常を感じた場合は、検診日以外でもいつでも受診してください。

前房型フェイキックIOLのメリットとデメリット

メリット

●強度近視や角膜が薄いためにレーシックやPRKが適応外の方でも、裸眼で生活できるようになります。
●万が一レンズが合わなかった場合は、レンズの種類を交換したり、レンズを外すことで手術前の状態に戻すことができます。
●レーシックよりもグレア・ハロが出にくい術式です。

デメリット

●レンズが届くまで少し時間がかかります。(約1~3ヶ月)
●眼に強く物がぶつかると、レンズが虹彩から外れてしまうことがあります。(この場合、再手術で整傷します。)
●白内障の手術をする際は、レンズを取り外すようになります。
●虹彩の形状によっては、レンズに色素が付着することがあります。(視機能には影響しません。)

手術のリスクと予測される合併症

●手術直後のかすみ・ぼやけ・まぶしさ・異物感・しみる感じ・充血

手術直後より視力改善は体感できますが、手術直後は全体的にかすんだり、ぼやけたり、充血したりします。1週間ぐらいまでの間に安定してくる方がほとんどです。

●結膜下出血

創口や白目の血管から出血して目が赤くなることがありますが、手術後1〜2週間で自然に消失します。手術の結果や目への影響も心配ありません。

●角膜内皮細胞の減少

通常の場合、手術時に平均で約3%の内皮細胞数減少が見られますが、その後は安定します。

グレア・ハロ、光のにじみ

暗い所で光がにじんだり、光の周囲がぼんやりと見えたり、周囲に光が入って見えたりすることがあります。やや残る場合もありますが、慣れてしまえば日常生活にはほとんど支障ありません。

●老眼(老視) ※概ね40才以上の方

手術を受ける・受けないにかかわらず、40才頃から加齢に伴う調節力の衰えにより「手元が見えにくい」といった老眼の症状がではじめます。その場合は近用眼鏡(老眼鏡)等を適宜に使用してください。

※レーシック、フェイキックIOL、眼鏡、コンタクトレンズいずれであっても老眼は同様に現れます。
※手術で「軽度の近視」にあわせることもできます。40才以上の老眼年齢の方では、手元が比較的楽に見えるように完全矯正せず、やや軽度の近視にあわせて手術をすることもできます。どの程度にあわせると便利かは職業や生活習慣によって違います。事前に医師・カウンセラー・検査員によく御相談ください。

まれに起こる治療が必要な偶発症

●眼圧上昇/高眼圧

眼圧上昇がみられた場合、その程度によって降眼圧剤の点眼や内服を一時的に追加します。瞳孔ブロックが原因となる場合にはレーザー虹彩光凝固を追加したりすることがあります。

●術後眼内炎

ごくまれに手術後の感染性眼内炎を発症したケースが報告されています。もし発症した場合は抗生剤の内服や点滴、程度によっては前房洗浄やIOL摘出をおこなうこともあります。

●白内障(水晶体の混濁)

視力に影響しない程度のものであればそのまま経過観察をします。もし進行して視力障害を生じた場合はIOLを摘出して白内障手術をおこないます。

フェイキックIOLの手術費用(自費診療)

通常レンズ
片眼・・・432,000円(税込)
両眼・・・864,000円(税込)
乱視用レンズ
片眼・・・453,600円(税込)
両眼・・・907,200円(税込)
術前検査費用は別途10,800円(税込)掛かります。
手術費用には、術後3ヶ月間の検査・診察・処置・薬剤費全て含まれております。
術後、別の病気に罹患された場合、疾患の内容により保険診療になります。
近視矯正手術は、日帰りで行なっております。
詳しくは、理事長・スタッフまでお問い合わせください。
  • 日帰り白内障手術
  • レンティス
  • オルソケラトロジー
  • 日帰り硝子体手術
  • まぶたの専門外来
  • レーシック・フェイキックIOL
  • 黄斑疾患の診断・治療
  • 緑内障の治療
  • 小児眼科外来
  • ドライアイ外来
  • 眼精疲労の治療
PAGE TOP
メニュー

むさしドリーム眼科