医療法人創夢会 むさしドリーム眼科
厚生労働省認定 先進医療実施施設
代表電話 TEL./06-6772-6341
インターネット予約
予約専用 24時間自動受付 TEL./06-6772-6340
大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52-203

緑内障の治療

ホーム 診療内容 緑内障の治療

緑内障について

緑内障とは?

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。

緑内障の症状

一般的に、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。時間が経つほど治りにくくなるので、このような発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

緑内障の症状

早期発見、早期治療

自覚症状がない緑内障に対して、最も重要なことは早期発見・早期治療です。一度障害された視神経をもとにもどす方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

40代から要注意!緑内障チェック

早めに発見し治療すれば、緑内障の進行をおさえることができます。
あなたは大丈夫?まずは自己チェック!

緑内障の治療

薬物療法

眼圧を下げるために使われる薬は、主に房水の産生量を減らしたり、房水の流れをよくする薬です。最初は1種類の薬で様子をみながら、途中で変更したり、また2~3種を併用することもあります。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

目詰まりしている線維柱帯にレーザーを照射して房水の流れを良くする治療です。
原発開放偶角緑内障、嚢性緑内障、高眼圧症などで、点眼だけでは不十分な症例に対して点眼薬治療と併せて行います。SLTは低エネルギーで短い波長のレーザーを用い、線維柱帯の色素細胞のみを選択的に狙います。
周辺の組織に熱損傷などのダメージをほとんど与えないため、効果的に繰り返し治療が行えます。

エレックス社 タンゴ オフサルミックレーザー
エレックス社 タンゴ オフサルミックレーザー

手術治療

アルコン エクスプレス™ 緑内障フォルトレーションデバイス

房水の流れを良くするためにステンレス製の器具を前房内は留置して房水の流出路を作成する手術方法です。薬物、レーザー治療等の治療法によっても十分な眼圧下降効果が得られなかった場合に、この手術が行われます。近年保険適応となった手法で、トラベクレクトミーの術式に準じて行い、バイパスを作る代わりにデバイスを留置し、それ自体を流出路とします。トラベクレクトミーと同等の眼圧下降効果が得られますが、手術時間も短縮でき、術後のリスクも軽減出来ます。また早期の視力回復も得られます。
単独手術はもちろん、白内障との同時施行も可能となっています。

緑内障濾過手術
  • 日帰り白内障手術
  • レンティス
  • オルソケラトロジー
  • 日帰り硝子体手術
  • まぶたの専門外来
  • レーシック・フェイキックIOL
  • 黄斑疾患の診断・治療
  • 緑内障の治療
  • 小児眼科外来
  • ドライアイ外来
  • 眼精疲労の治療
PAGE TOP
メニュー

むさしドリーム眼科