医療法人創夢会 むさしドリーム眼科
厚生労働省認定 先進医療実施施設
代表電話 TEL./06-6772-6341
インターネット予約
予約専用 24時間自動受付 TEL./06-6772-6340
大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52-203

小児眼科外来

ホーム 診療内容 小児眼科外来

小児眼科外来【完全予約制】

『何となく、子供の目が寄っている気がする』
『いつもテレビを前の方で見る』
『物を見るとき、いつも頭を傾けて見ている』
『目を細める回数が増えたような気がする』
『絵本を読んでも、根気がなく飽きやすい』
『屋外の明るいところへ出るとまぶしそうに目を細め、片目を強くつぶる』

小さなお子様は、自分で正確な症状を訴えることができない場合があります。
お子様に上記のような症状が現われた場合、何らかの目の障害を抱えている可能性があります。目の障害は外見では分かりにくいため、見過ごされやすく、なかなか保護者の方が見ていても気づくことが難しいのが現状です。
個人差はありますが、3歳頃にはある程度検査できるようになります。3歳になったら、お子様の目の状態を知るために、一度眼科でしっかり検査を受けましょう。

小児は視機能の発達の重要な時期ですが、成人のように信頼できるデータがなかなか得られません。
当院では、視能訓練士という国家資格を有する専門スタッフが充分時間をかけて、丁寧に対応します。

診察にあたって

小児眼科専門外来は、【完全予約制】となります。

○紹介状が有る場合
事前にお電話で小児眼科外来の予約をお取りください。

○紹介状が無い場合
常勤医の診察を受けていただき、カウンセリングさせていただいた後に、小児眼科外来の予約を取らせていただきます。

※ご注意ください。
学校健診後に眼科受診を指示された患者様については、常勤の医師が診察させて頂きます。

小児眼科外来
毎月第2土曜日午後
担当医:初川嘉一 医師
 (大阪母子医療センター)

主な疾患

斜視

片方の目が見ようとするものを見ているが、反対の目が目標と違う方向を向きます。
内斜視、外斜視、上下斜視があります。

弱視

乳幼児の視力の発達段階に、何かしらの原因で網膜に適切な光刺激が欠けてしまったために、
脳、網膜が見る力を獲得できていない状態です。

遠視

産まれた赤ちゃんはみな遠視ですが、中等度以上の遠視になると網膜の発達が阻害されます。

先天性白内障

生まれつき、水晶体が濁っています。弱視になる可能性があります。

先天性眼瞼下垂症

生まれつきまぶたが下がっています。弱視になる可能性があります。

眼瞼内反症(さかさまつげ)

まぶたが厚いために、まつ毛が内側に向いてしまい、角膜を傷つけます。
まぶしがることや目をこすることが多くなります。角膜の傷は感染症や乱視の原因になります。

先天性鼻涙管閉塞症

目から鼻につながる管が狭くなっています。生後数日から突然目やにが多くなります。

ロービジョン

低視力の子どもには単眼鏡、ルーペ、拡大読書器その他の視覚補助具を紹介し、視能訓練士による視力の援助を行っています。

眼鏡、コンタクトレンズの処方

9歳未満の場合、疾患の種類によっては眼鏡の費用の一部が保険で還付されます。
その他、細かい規約がありますので、眼鏡処方時に医師・スタッフにご確認ください。

  • 日帰り白内障手術
  • レンティス
  • オルソケラトロジー
  • 日帰り硝子体手術
  • まぶたの専門外来
  • レーシック・フェイキックIOL
  • 黄斑疾患の診断・治療
  • 緑内障の治療
  • 小児眼科外来
  • ドライアイ外来
  • 眼精疲労の治療
PAGE TOP
メニュー

むさしドリーム眼科