医療法人創夢会 むさしドリーム眼科
厚生労働省認定 先進医療実施施設
代表電話 TEL./06-6772-6341
インターネット予約
予約専用 24時間自動受付 TEL./06-6772-6340
大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52-203

日帰り白内障手術

ホーム 診療内容 日帰り白内障手術

白内障とは?

目の中の水晶体(レンズ)が濁る病気で、白内障が起こる原因としては
・加齢変化(老人性白内障) ・放射線、紫外線 ・糖尿病・アトピーなどの全身病 ・薬の副作用 ・ぶどう膜炎などの他の眼疾患 ・遺伝、先天異常
などがあげられます。
正常な見え方
白内障の見え方

白内障の治療

薬では治らない?

残念ながら白内障が治る薬はありません。
現在までに開発・発売されたお薬(抗白内障薬)はすべて進行予防に働くものです。

いずれも完全に進行を阻止するのは不可能です。
(老化を完全に阻止できないのと同じです。)

症状が進んでしまうと手術するしかありません。
当院では、最新の機器を利用した日帰り白内障手術を行っています。

症状がどんどん進んで、不自由になるまで我慢なさらずに、
早めに手術を受けていただくようお勧めします。
手術時間は、約10分です。痛みはほとんどありません。

白内障の治療の流れ

1
点眼と局所注射による麻酔後、水晶体を包んでいる袋を切開します。
2
濁った水晶体の中身を超音波で砕いて取り除きます。
3
人工水晶体(眼内レンズ)を挿入します。
4
水晶体の袋の中に透明な眼内レンズがおさまります。

白内障手術の新時代
〜多焦点眼内レンズとモノビジョン法について〜

眼鏡をかけずに遠くも近くも見えることは、すべての患者さんの願いです。
最新の白内障手術では、そういった患者さんの声にようやく応えられるようになってきました。

白内障手術には以下の二つの方法があります。

A.多焦点眼内レンズ 先進医療

診察・検査・薬代は、保険診療(詳しくはこちら)

多焦点眼内レンズは、遠くにも近くにもピントが合うように設計されています。

ピントを遠くに合せて手術を行った場合

ピントを遠くに合せて手術を行った場合

上の写真のように遠くの時計や風景はメガネを使わずに見ることができます。しかし、携帯電話などの近くを見る時には老眼鏡が必要になります。
ピントを近くに合せて手術を行った場合

ピントを近くに合せて手術を行った場合

上の写真のように携帯電話など近くを見るときにはメガネを使わずに見ることができますが、遠くの時計や風景を見る時にはメガネが必要になります。
多焦点眼内レンズ手術の場合

多焦点眼内レンズ手術の場合

遠距離と近距離に焦点が合うように設計されており、従来の単焦点眼内レンズに比べ、遠くにも、近くにもメガネなしで焦点が合いやすくなります。
写真のように、近くの携帯電話や遠くの時計、風景にもピントが合うようになります。しかし、20歳の頃のような見え方になるわけではありません。
位置により見えにくい場合はメガネが必要となることもあります。また、細かい文字を読んだり、長時間読書をする時などもメガネをかけた方が楽な場合もあります。
【長所】
1.遠近両用コンタクトレンズと同様の構造を持ち、遠近両用に対応した眼内レンズなので、
 
眼鏡が無くても遠くも近くも見えます。
【短所】
1.個人差が大きい。
2.自費診療なので値段が高くなります。【片眼 453,600円 両眼 907,200円】(税込)
参考:保険診療で通常の白内障手術を受けると、3割負担の方なら両眼約90,000円の自己負担額です。

B.モノビジョン法 保険診療

通常の眼内レンズを単焦点レンズといい、ピント合わせの力はありません。
モノビジョン法を用いると、多くの場合で白内障の術後に眼鏡を必要としません。
保険診療で行えることがひとつの魅力です。

【原理】

人間の目は、優位眼(利き目)と非優位眼に分かれます。
優位眼は主に遠方を見ることを担当し、非優位眼は近方を見ることを担当しています。
モノビジョン法では、優位眼は遠方に焦点を合わせ非優位眼は近方に焦点を合わせます。
この工夫により裸眼で遠くも近くも見える生活を実感できます。
現に当院で施術され、眼鏡を掛けることなく、快適に仕事や読書をされている患者さんが多くいらっしゃいます。
(もちろん個人差はあります。)

【長所】
1.多焦点レンズと同等、あるいはそれ以上の効果を得られる。
2.保険診療内で可能。
【短所】
左右のピントの違いが気になる場合があります。
私は、多焦点眼内レンズ、もしくはモノビジョン法を患者様と相談のうえ、積極的におすすめしています。

多焦点眼内レンズによる白内障手術の先進医療認定施設

厚生労働省による
先進医療認定施設

先進医療とは

先進医療とは、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療行為のことです。
先進医療は、国民の安全を守り、患者負担の軽減を図りつつ、医療の選択肢を拡げるために、保険診療との併用を認めるものです。

先進医療施設として認定されました

2011年3月より、当院は「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障に係るものに限る)」の「先進医療施設」として認定されました。
これにより『先進医療にかかる費用』は全額自己負担となりますが、『先進医療にかかる費用』 以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・薬代等)の費用は、保険診療で行えます。

マルチフォーカルIOL(遠近両用IOL)

マルチフォーカルIOLは、最先端の光学理論でレンズが光を分けるように設計されており、2ヶ所に焦点を合わせることができます。
ただし万能ではなく、かなり遠くの景色や細かい文字を見る際などには、眼鏡が必要な場合もあります。
それぞれのレンズに見え方の特性がありますので、患者様の眼の状態や、生活環境に合わせて選択しています。
遠近両用の効果で白内障手術後の老眼鏡の使用頻度は少なくなります。乱視用レンズもあります。

マルチフォーカルIOL手術で
使用する眼内レンズ

AMO社 TECNIS Multifocal

AMO社 TECNIS Multifocal 先進医療

TECNIS Multifocalは、球面収差を減らし、様々な光の状況における視力の質を改善できるように、ウェーブフロント設計がされています。シリコン製の非球面レンズで、2008年に厚生労働省より認可されています。

Oculentis社 LENTIS

Oculentis社 LENTIS 自費診療

LENTISは最新設計のマルチフォーカルIOLです。夜間の光のにじみが他のマルチフォーカルIOLよりもかなり抑えられており、夜間の運転が多い方にもお勧めのレンズです。

LENTISについて詳しくはこちら

Add-onレンズ

Add-onレンズとは、白内障術後の視機能を向上させるための「二枚重ね挿入専用」の眼内レンズです。

Torica

Torica

裸眼視力を向上(Add-On乱視矯正用)

白内障手術後に残存する遠視・近視・乱視といった屈折異常を矯正して裸眼視力を向上させる追加挿入専用の眼内レンズです。

Diffractiva

Diffractiva

遠近両用レンズ(Add-On多焦点レンズ)

白内障手術で「単焦点眼内レンズ」が入っている眼に多焦点眼内レンズの機能を付加する追加挿入専用の眼内レンズです。裸眼で遠近両方が見やすくなります。

こんな方にお勧めです

既に白内障手術を受けた方で、眼鏡に頼らず、裸眼でもっと見えるようにしたいという方にお勧めです。

・遠くも近くも見えるようにしたい!・近くをもっと見えるようにしたい!・左右の度数差をなくしたい!・遠くをもっと見えるようにしたい!・乱視を少なくしたい!

など、白内障手術後に残った近視・遠視・乱視を少なくしたい方

LRI(角膜輪部減張切開術)手術について

白内障手術後に残る角膜乱視に対し、 LRI (角膜輪部減張切開術)を行い乱視矯正を行っています。
角膜に小さなメスで切開を加え、角膜のゆがみをとる方法です。乱視を半分程度減らし、裸眼視力を向上させます。

後発白内障のレーザー治療(YAG)

白内障の手術後、数ヶ月~数年して、また「まぶしくなる」「目が霞む」ことがあります。
これは、「後発白内障」と言われるもので手術の際に残しておいた水晶体の後嚢が濁ってくる為に起こります。
後発白内障は手術の必要はなく、レーザーを使って簡単に濁りを取ることができます。

治療費について

多焦点眼内レンズを用いた
水晶体再建術(白内障手術) 先進医療

手術費用
片眼・・・453,600円(税込)
両眼・・・907,200円(税込)

※手術前・手術後の診察・検査・薬代は、保険診療となります。

Add-on眼内レンズ 
治療費明細 自費診療

健康保険適応外のため、検査・治療は自費診療扱いとなります。

Add-on Torica 乱視矯正用
片眼・・・259,200円(税込)
両眼・・・518,400円(税込)
Add-on Diffractiva
多焦点レンズ追加手術
乱視なし
片眼・・・237,600円(税込)
両眼・・・475,200円(税込)

乱視あり
片眼・・・324,000円(税込)
両眼・・・648,000円(税込)
※上記費用は挿入するAdd-on眼内レンズが標準規格品の場合です。規格外の場合、別途特注レンズ代が必要です。
※手術費用には、術後3ヶ月間の検査・診察・処置費・薬代が含まれております。
  • 日帰り白内障手術
  • レンティス
  • オルソケラトロジー
  • 日帰り硝子体手術
  • まぶたの専門外来
  • レーシック・フェイキックIOL
  • 黄斑疾患の診断・治療
  • 緑内障の治療
  • 小児眼科外来
  • ドライアイ外来
  • 眼精疲労の治療
PAGE TOP
メニュー

むさしドリーム眼科